95779956_2909334869181814_647653623395778560_n

【緊急】感染症による緊急救援への寄付の募集

特定非営利活動法人ニランジャナセワサンガ(大阪府大阪市、理事長 山本純平、以下二ランジャナセワサンガ)は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、当団体支援地インドビハール州ブッタガヤ周辺地域の医療崩壊を防ぐための緊急支援活動と、感染症拡大の影響に伴う支援活動へのご寄付を募集開始しました。

お寄せいただいた寄付金は、現在NGOニランジャナトラストが実施している医療崩壊防止を目的とした以下の活動費・準備費に充てさせていただきます。

1、マスクの配布
2、ガムチャ、スカーフの配布
3、食料の配給
4、予防促進プログラムの実施

95779956_2909334869181814_647653623395778560_n

【緊急支援詳細】
1、2、3
・ブッダガヤで感染者数はそこまで多くないが、数週間前にスジャータ村で感染者が出たことから発生する可能性は一定程度ある
・またニュースで報道されているように他州と比較してビハール州のPCR検査数が低く、一方で陽性率は高いことから、PCR検査数が増加すれば感染者数は増えると考えらえる
・ブッダガヤの市民病院(CHC)は、医療機器が十分でなく、症状によっては対応できない(病床数も少ない)。また民間病院は複数あるが、基本有料。
・感染者増加の可能性、ブッダガヤの脆弱な医療体制を考えると、予防につとめ感染しないことが重要
・予防方法として、マスク・ガムチャ・スカーフがある
・ガムチャとスカーフは、現地の人々が日常的に身につけているもの、馴染みがあり実際現地ではマスクの代わりに使っている人も多い
・そもそもガムチャとスカーフは現地で足りていないのか?という問いがありますが、感染リスクを下げるためには清潔な状況に保つことが重要。
多い枚数であれば清潔な状態を保てると考える(食料物資の中に洗剤も含める予定)
・物資の支援だけではなく、現地NGO法人ニランジャナトラストメンバーが予防の重要性を村人に説明。予防促進プログラムを行う

4、食料支援
収入減少による食料物資の確保が困難になっている。

97594702_10156784392911256_6137591846047580160_n

支援地の方々の多くは、ホテルやレストランでの労働に従事している。また他州へ出稼ぎ労働をしている。いわゆる肉体労働ではない仕事。
ブッダガヤはコロナの影響を受けて観光客が来ないことから経営は大打撃。
ホテルやレストランでは営業しない、従業員の解雇など、対応に追われている。
また出稼ぎ労働者も、ビハール州内で仕事を得れていない、もしくは出稼ぎ先で仕事が見つからない(都市部でもロックダウンが行われているため)
 このような人々は収入が激減し、生活が困窮している。
また、上記のような仕事以外に建設現場での肉体労働や他人の田畑での肉体労働、他州に出稼ぎし単純労働・肉体労働に従事している
 建設現場や田畑での労働は一定程度雇用機会があるように見受けるが、他州への出稼ぎ労働者は、
ビハール州内で仕事を得れていない、また他州の出稼ぎ先で仕事が見つからない状況が発生している

【募集要綱】
■期間
2020年7月26日~2020年9月31日まで(予定のため変更する可能性があります)

■お申込み・お支払い方法
お振込用紙の通信欄または、ATMのメッセージ欄に「インド緊急救援への寄付」と記載ください。
*郵便振替の場合

口座番号:14140 – 73035871
口座名:特定非営利活動法人ニランジャナセワサンガ

*銀行振込の場合

三井住友銀行 大阪西支店 普通預金 7028984
名義:特定非営利活動法人ニランジャナセワサンガ

ご寄付者様のお名前、ご住所を事務局までご連絡いただけましたら幸いです。
*連絡先
niranjana.sewasanga@gmail.com
インド緊急救援寄付受付担当:山本宛てまで

今後もニランジャナセワサンガでは、皆様のご理解とご協力を頂きながら、活動に真摯に取り組んでまいりたいと思います。
引き続きご支援またご協力をよろしくお願いいたします。

代表理事:山本純平

【現地支援の様子】

101496950_10156853856511256_9113611084326687567_n

104119611_10156871759646256_6787455594105289757_n

96232398_2909334675848500_3299941102865350656_n

96362701_2909334742515160_5577260306553372672_n